TOP 灯り点し隊について 蛇の崎川原ミニかまくら会場 横手市 かまくら 寄付・Shop お問合せ
「かまくら」は、水神様をまつる小正月行事で 二月十五、十六日に行われます 中には子供たちが入っていて 「はいってたんせ(かまくらに入ってください)」 「おがんでたんせ(水神様をおがんでください)」 といいながら、甘酒やおもちをふるまいます もともと、「かまくら」は見るものでなく 中に入って 正面にまつられた水神様にお賽銭を上げて 家内安全・商売繁盛・五穀豊穣などを 祈願するものです まつり期間中、市内に百基ほどできる かまくらの中では 甘酒(あまえこ)やおもちなどを食べながら 夜が更けるのも忘れて 話っこに花が咲きます 四五〇年の伝統を誇る 雪国のメルヘン「かまくら」に はいってたんせ! 甘酒あがってたんせ!

横手公園や羽黒町武家屋敷通り

蛇の崎ミニかまくら会場など

市内には6会場があり、会場ごとに

特徴が異なります。

市内には100基を超えるかまくらが

あり、子供たちの接待を受けることが出来ます。

かまくら期間中は各会場を回る

循環バスが走ります。

横手のかまくらは、約450年の歴史があるといわれています。

 

藩政の頃、武家の住んでいる内町では、旧暦1月14日の夜、四角い雪の壁を作り、その中に門松やしめ縄などを入れ、お神酒や餅を供えてから燃やし、災難を除き子供の無事成長を祈った左義長のかまくらが行われました。

一方、商人の住んでいる外町では、旧暦1月15日の夜、町内の井戸のそばに雪穴を作り、水神様(おしずの神さん)を祀り、良い水に恵まれるようにと祈りました。

当時は、現在のように各家々でかまくらをつくるのではなく、大正の終わりごろまでは、各町内ごとに行われていたようです。外町では水神様を祀りましたが、内町では鎌倉大明神を祀ったようです。

当時の子供達の遊びの中に、積もった雪に穴をあけて、その中に入って遊ぶ雪遊びがありました。

 

これら3つがいろいろと変遷を経て、今のような水神様を祀るかまくらとなりました。

旧暦のかまくらの夜は、満月が煌々とかまくらを照らし、月明かりに浮かぶかまくらや、灯るローソクの火には情緒深いものがありました。 子供たちは、月明かりに自分の影をうつして占ったり、固く圧雪した雪に、雪下駄をきしませて歩いたものです。

 

昭和11年、ドイツの建築家ブルーノ・タウトがかまくらを見て、メルヘンの世界を絶賛し、彼の著書「日本の再発見」にそのときの感動を伝えています。

「すばらしい美しさだ。これほど美しいものを、私はかつて見たこともなければまた予期もしていなかった。これは今度の旅行の冠冕だ。この見事なカマクラ、子供たちのこの雪室は!…」「子供たちは甘酒を一杯すすめてくれるのである。こんな時には、大人たちはこの子たちに一銭を与えることになっている。ここにも美しい日本がある。」

 

昭和34年にモデルかまくらが作られ、これを契機に現在のようなかまくらが作られるようになりました。

昭和37年頃になると、自動車の交通量が多くなり、交通の邪魔にならないように作るよう注意が出たため、だんだんかまくらの形が縦長になってきました。

昭和44年になると交通量がより多くなり、規制を受けた道路はかまくらが作られなくなりました。この頃よりかまくらの数がだんだん少なくなりました。

そのため、昭和46年頃にはミニかまくら作り運動がおき、多くのミニかまくらが作られました。 また、この頃よりかまくら通りを設け、ここにかまくらを作り、観光客に対応するようになりました。

 

平成7年より十年間続いた、(一社)横手青年会議所の「一戸一かまくら運動」は各家々で自分たちのかまくらを作りませんかと展開された運動で、灯り点し隊はこの「一戸一かまくら運動」の意志を引き継ぎ運動を進めています。

TOP 灯り点し隊について 蛇の崎川原ミニかまくら会場 横手市 かまくら 寄付・Shop お問合せ

当ウェブサイト上の文章、映像、写真などの著作物の全部、または一部を了承なく複製、使用することを禁じます。

Copyright(C) よこてoh!愛で隊 All Rights Reserved

「かまくら」は、水神様をまつる小正月行事で 二月十五、十六日に行われます 中には子供たちが入っていて 「はいってたんせ(かまくらに入ってください)」 「おがんでたんせ(水神様をおがんでください)」 といいながら、甘酒やおもちをふるまいます もともと、「かまくら」は見るものでなく 中に入って 正面にまつられた水神様にお賽銭を上げて 家内安全・商売繁盛・五穀豊穣などを 祈願するものです まつり期間中、市内に百基ほどできる かまくらの中では 甘酒(あまえこ)やおもちなどを食べながら 夜が更けるのも忘れて 話っこに花が咲きます 四五〇年の伝統を誇る 雪国のメルヘン「かまくら」に はいってたんせ! 甘酒あがってたんせ!
「かまくら」は、水神様をまつる小正月行事で 二月十五、十六日に行われます 中には子供たちが入っていて 「はいってたんせ(かまくらに入ってください)」 「おがんでたんせ(水神様をおがんでください)」 といいながら、甘酒やおもちをふるまいます もともと、「かまくら」は見るものでなく 中に入って 正面にまつられた水神様にお賽銭を上げて 家内安全・商売繁盛・五穀豊穣などを 祈願するものです まつり期間中、市内に百基ほどできる かまくらの中では 甘酒(あまえこ)やおもちなどを食べながら 夜が更けるのも忘れて 話っこに花が咲きます 四五〇年の伝統を誇る 雪国のメルヘン「かまくら」に はいってたんせ! 甘酒あがってたんせ!

横手公園や羽黒町武家屋敷通り

蛇の崎ミニかまくら会場など

市内には6会場があり、会場ごとに

特徴が異なります。

市内には100基を超えるかまくらが

あり、子供たちの接待を受けることが出来ます。

かまくら期間中は各会場を回る

循環バスが走ります。

横手のかまくらは、約450年の歴史があるといわれています。

 

藩政の頃、武家の住んでいる内町では、旧暦1月14日の夜、四角い雪の壁を作り、その中に門松やしめ縄などを入れ、お神酒や餅を供えてから燃やし、災難を除き子供の無事成長を祈った左義長のかまくらが行われました。

一方、商人の住んでいる外町では、旧暦1月15日の夜、町内の井戸のそばに雪穴を作り、水神様(おしずの神さん)を祀り、良い水に恵まれるようにと祈りました。

当時は、現在のように各家々でかまくらをつくるのではなく、大正の終わりごろまでは、各町内ごとに行われていたようです。外町では水神様を祀りましたが、内町では鎌倉大明神を祀ったようです。

当時の子供達の遊びの中に、積もった雪に穴をあけて、その中に入って遊ぶ雪遊びがありました。

 

これら3つがいろいろと変遷を経て、今のような水神様を祀るかまくらとなりました。

旧暦のかまくらの夜は、満月が煌々とかまくらを照らし、月明かりに浮かぶかまくらや、灯るローソクの火には情緒深いものがありました。 子供たちは、月明かりに自分の影をうつして占ったり、固く圧雪した雪に、雪下駄をきしませて歩いたものです。

 

昭和11年、ドイツの建築家ブルーノ・タウトがかまくらを見て、メルヘンの世界を絶賛し、彼の著書「日本の再発見」にそのときの感動を伝えています。

「すばらしい美しさだ。これほど美しいものを、私はかつて見たこともなければまた予期もしていなかった。これは今度の旅行の冠冕だ。この見事なカマクラ、子供たちのこの雪室は!…」「子供たちは甘酒を一杯すすめてくれるのである。こんな時には、大人たちはこの子たちに一銭を与えることになっている。ここにも美しい日本がある。」

 

昭和34年にモデルかまくらが作られ、これを契機に現在のようなかまくらが作られるようになりました。

昭和37年頃になると、自動車の交通量が多くなり、交通の邪魔にならないように作るよう注意が出たため、だんだんかまくらの形が縦長になってきました。

昭和44年になると交通量がより多くなり、規制を受けた道路はかまくらが作られなくなりました。この頃よりかまくらの数がだんだん少なくなりました。

そのため、昭和46年頃にはミニかまくら作り運動がおき、多くのミニかまくらが作られました。 また、この頃よりかまくら通りを設け、ここにかまくらを作り、観光客に対応するようになりました。

 

平成7年より十年間続いた、(一社)横手青年会議所の「一戸一かまくら運動」は各家々で自分たちのかまくらを作りませんかと展開された運動で、灯り点し隊はこの「一戸一かまくら運動」の意志を引き継ぎ運動を進めています。

「かまくら」は、水神様をまつる小正月行事で 二月十五、十六日に行われます 中には子供たちが入っていて 「はいってたんせ(かまくらに入ってください)」 「おがんでたんせ(水神様をおがんでください)」 といいながら、甘酒やおもちをふるまいます もともと、「かまくら」は見るものでなく 中に入って 正面にまつられた水神様にお賽銭を上げて 家内安全・商売繁盛・五穀豊穣などを 祈願するものです まつり期間中、市内に百基ほどできる かまくらの中では 甘酒(あまえこ)やおもちなどを食べながら 夜が更けるのも忘れて 話っこに花が咲きます 四五〇年の伝統を誇る 雪国のメルヘン「かまくら」に はいってたんせ! 甘酒あがってたんせ!
「かまくら」は、水神様をまつる小正月行事で 二月十五、十六日に行われます 中には子供たちが入っていて 「はいってたんせ(かまくらに入ってください)」 「おがんでたんせ(水神様をおがんでください)」 といいながら、甘酒やおもちをふるまいます もともと、「かまくら」は見るものでなく 中に入って 正面にまつられた水神様にお賽銭を上げて 家内安全・商売繁盛・五穀豊穣などを 祈願するものです まつり期間中、市内に百基ほどできる かまくらの中では 甘酒(あまえこ)やおもちなどを食べながら 夜が更けるのも忘れて 話っこに花が咲きます 四五〇年の伝統を誇る 雪国のメルヘン「かまくら」に はいってたんせ! 甘酒あがってたんせ!

横手公園や羽黒町武家屋敷通り、蛇の崎ミニかまくら会場など市内には6会場があり、会場ごとに特徴が異なります。

市内には100基を超えるかまくらがあり、子供たちの接待を受けることが出来ます。

かまくら期間中は各会場を回る循環バスが走ります。

横手のかまくらは、約450年の歴史があるといわれています。

 

藩政の頃、武家の住んでいる内町では、旧暦1月14日の夜、四角い雪の壁を作り、その中に門松やしめ縄などを入れ、お神酒や餅を供えてから燃やし、災難を除き子供の無事成長を祈った左義長のかまくらが行われました。

一方、商人の住んでいる外町では、旧暦1月15日の夜、町内の井戸のそばに雪穴を作り、水神様(おしずの神さん)を祀り、良い水に恵まれるようにと祈りました。

当時は、現在のように各家々でかまくらをつくるのではなく、大正の終わりごろまでは、各町内ごとに行われていたようです。外町では水神様を祀りましたが、内町では鎌倉大明神を祀ったようです。

当時の子供達の遊びの中に、積もった雪に穴をあけて、その中に入って遊ぶ雪遊びがありました。

 

これら3つがいろいろと変遷を経て、今のような水神様を祀るかまくらとなりました。

旧暦のかまくらの夜は、満月が煌々とかまくらを照らし、月明かりに浮かぶかまくらや、灯るローソクの火には情緒深いものがありました。 子供たちは、月明かりに自分の影をうつして占ったり、固く圧雪した雪に、雪下駄をきしませて歩いたものです。

 

昭和11年、ドイツの建築家ブルーノ・タウトがかまくらを見て、メルヘンの世界を絶賛し、彼の著書「日本の再発見」にそのときの感動を伝えています。

「すばらしい美しさだ。これほど美しいものを、私はかつて見たこともなければまた予期もしていなかった。これは今度の旅行の冠冕だ。この見事なカマクラ、子供たちのこの雪室は!…」「子供たちは甘酒を一杯すすめてくれるのである。こんな時には、大人たちはこの子たちに一銭を与えることになっている。ここにも美しい日本がある。」

 

昭和34年にモデルかまくらが作られ、これを契機に現在のようなかまくらが作られるようになりました。

昭和37年頃になると、自動車の交通量が多くなり、交通の邪魔にならないように作るよう注意が出たため、だんだんかまくらの形が縦長になってきました。

昭和44年になると交通量がより多くなり、規制を受けた道路はかまくらが作られなくなりました。この頃よりかまくらの数がだんだん少なくなりました。

そのため、昭和46年頃にはミニかまくら作り運動がおき、多くのミニかまくらが作られました。 また、この頃よりかまくら通りを設け、ここにかまくらを作り、観光客に対応するようになりました。

 

平成7年より十年間続いた、(一社)横手青年会議所の「一戸一かまくら運動」は各家々で自分たちのかまくらを作りませんかと展開された運動で、灯り点し隊はこの「一戸一かまくら運動」の意志を引き継ぎ運動を進めています。

当ウェブサイト上の文章、映像、写真などの

著作物の全部、または一部を

了承なく複製、使用することを禁じます。

 

Copyright(C) よこてoh!愛で隊.

All Rights Reserved